占いを信じる?信じない?たくさん出ている無料の占いサイトを分析

>

誰もが手軽にできる占い事情

占いにもある得意不得意分野

占いには、手相、姓名判断、タロットなど多数ありますが、それらの占い方は「命(めい)・卜(ぼく)・相(そう)」の大きく3つに分類することができます。
まず命(めい)は、生まれた時に定められた生年月日、血液型、星座などの不変的な情報から運命を占いますので、占星術、四柱推命などが当てはまり、人の性質や才能、人生の流れや時期について占うことが得意分野と言えます。

次に卜(ぼく)は、必然ではなく偶然に起こることへの意味を見出し占うため、タロットが代表的で、物事を決断する時の結果を占う場合と、人の気持ちや近い未来などの変化が起こりやすいものが適しており、逆に変化の少ないものは不向きです。
最後の相(そう)は、ものの形から人への影響や吉凶を見て占いますので、手相、風水、姓名判断などがあり、自ら良い運気へ導けるものが多いのが特徴ですので、開運として日常に取り入れる人も多いようです。

自分の悩みによって占いを使い分けよう

色々な種類の占いを試してみたけど、どれもしっくりこない…なんてこともあります。
それは、自分の悩みごとに、使うべき占いが異なるためです。
占いをやってみる時は、まず自分が悩んでいることを参考に適している占いを選択しましょう。

例えば、好きな人に思いを伝えるか否かなど恋愛の悩みにおいては、卜(ボク)であるタロット占い、今後の将来・人生についての悩みなどは、命(めい)である占星術、最近悪いことが続くなどの吉凶においては、相(そう)である手相占いなどが向いている占いと言えます。

また、今の仕事を転職しようか迷っている(占いでの得意分野は卜)などの悩みを卜ではない、命や相に分類される占い方法で占っても、あまり的確な結果が出ないということです。
的中率を上げるためにも、その時その時に感じた自分の悩みごとに、使う占いも変えてみるとよいでしょう。


この記事をシェアする