占いを信じる?信じない?たくさん出ている無料の占いサイトを分析

コストゼロ!今すぐできるセルフ占い!

みんなは何を占っているの?人気の占い

女性は占いが好き、男性は占いを好まない、よって占い=女性のもののように扱われるようになりましたが、占いは古くからこの日本にも浸透していたもので、戦の時代から親しまれていたと言われています。

それがいつからか、占いは女性がするものというイメージがつき、占いに興味がある男性も恥ずかしくて手が出せずにいた期間もありました。
しかし、インターネットが普及し、無料の占いサイトや、電話やメールでの占いが出てきたことで、また男性も占いを利用する時代になってきました。
占いに寄せられる悩みにも変化があるようで、女性はやはり恋愛相談が多いですが、男性は仕事や転職、お金に関する現実的な悩みが多いようです。

「転職する時期はいつがいいか」「リストラ対象か」「お金が貯まる方法は何か」など具体的な事が多く、ふわふわした相談と言うより、地に足が付いた現実的な悩みと言えます。
また、占いを利用する年齢層で1番多いのが30~40代ということは、やはり働き盛りの年代で且つ結婚や将来のことも気になる世代といえ、占う内容に関しても、恋愛というより仕事やお金と言う現実的な悩みが多いのが特徴のようです。
また、占いをカウンセリングのように活用している人も多く、手軽に意外とこっそりやっている方もいるようです。

精神的に弱っている時は、現実をしっかり見据えることができず、暴飲暴食、飲酒、薬物、宗教などに頼ってしまうケースもあります。
占いも全面信用は避ける必要がありますが、ちょっとした占いでストレス発散になったり、頑張れるきっかけになるのであれば、うまく活用していくのも1つの手段かもしれません。